学びリンク総合研究所

人と人を“つなぐ”

HOT NEWS

  • 私にください

    私にください
  • Q&A



    学びリンクは、平成8年設立以来、関係各位のお力添えを得て通信制高校等をテーマとした出版を行って参りました。

    この間、関係各位のご努力により、わが国の教育界に占める通信制高校等の比重は大きく増して参りました。

    重要性を増す通信制高校等のご発展に寄与するため、弊社では森薫先生(前屋久島おおぞら高等学校副校長)を所長に迎え、 通信制高校等のためのシンクタンク『学びリンク総研』を創立致します。

    平成24年6月

    学びリンク総研 所長挨拶

    “つなぐ”役割を!

    今、わが国の単課型の教育システムは、機能不全を引き起こし、そこに身を置くことのデメリットが急速に拡大している。

    子どもたちの未来を輝くものにするためには、教育ビックバンによって、多様な学びの場の創造が強く求められているといえよう。

    学びリンク総研は、子どもや若者のニーズに合った多様な学びの場で創造するために、人と人、人と組織、組織と組織を“つなぐ”先進的な役割を果たしたいと願っている。

    森 薫 所長
    1950年佐賀県に生まれる。中央大学を卒業した後、2007年まで東京都内の中学校で、心障学級・通級情緒障害児学級などを受け持ち、熱心な生徒指導で保護者からも信頼を集める。2007年にはKTC総合教育研究所所長となる。元屋久島おおぞら高校副校長。2012年、一般社団法人家族支援メンタルサポート協会を設立、理事長に就任。専門分野は、家族カウンセリング・非行問題・子育て支援・発達障害・不登校問題等多岐にわたり、年間100回以上の講演を行うなど、全国を駆け回っている。主な著書に『十四歳ヒミコ』(大学図書出版)『子どもを温かくつつみこむ思春期応援メッセージ』『親と子どもがそだつ共育力』『父さんの忘れもの』(各 学事出版)など多数。