不登校など思春期に苦戦している場合、苦しいのは本人です。
でも親御さんも苦しく、不安です。なぜ苦しく、不安なのかと言えば思い描いていた子育てと、現実の子育てにギャップが出てきてしんどいのです。

今回の講演会は、その苦戦する本人とご家族が楽になる“今日からできる具体的対応法”について基調講演と対談の2本立てで“道案内”させていただきます。

基調講演は、自らの体験とカウンセリングを通して、苦戦する思春期のこころの通訳者となっている 金馬 宗昭 先生(すずかげ教育相談所)です。

対談では、金馬 宗昭 先生と、発達障がいや不登校の子どもたちを支援している 鈴木 正樹 先生(株式会社アットスクール)により親子関係がより円滑になる『不登校でも“大丈夫”な子育てのコツ』について話し合ってもらいます。


<11月28日(土) 開催概要>

日時:2015年11月28日(土曜日) 13:30〜(開場13:00)

会場:ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪 大阪ブライダル専門学校
(大阪府大阪市西区江戸堀2-1-25)

<最寄駅>
地下鉄中央線・千日前線「阿波座駅」徒歩 約10分
京阪中之島線「中之島駅」徒歩 約8分
地下鉄四ツ橋線「肥後橋駅」徒歩 約7分
JR大阪環状線「福島駅」徒歩 約15分
JR東西線「新福島駅」徒歩 約15分
阪神本線「福島駅」徒歩 約15分

定員:80名(恐縮でございますが、定員に達した時点で応募は締め切らせていただきますので、ご了承ください)

参加費:無料

参加申込方法:事前登録をお願い申し上げます。
事前登録は下記の「参加予約する」ボタン、またはお電話にてお願い申し上げます。

主催:学びリンク

line


<11月28日 開催スケジュール内容>

・13時 〜 受付
・13時30分 〜 14:30分 基調講演『不登校でも大丈夫な理由 不登校・ひきこもり こころの道案内』
・14時30分 〜 14時45分 休憩
・14時45分 〜 15時45分 対談『不登校でも“大丈夫”な子育てのコツ』
■基調講演『不登校でも大丈夫な理由 不登校・ひきこもり こころの道案内』

 講演者 金馬 宗昭 先生(すずかげ教育相談所 所長)
 基調講演を行う 金馬 宗昭 先生は、20代のころに頑張った成果が実らなかったショックでひきこもり状態となりました。
 
「行動する世界を離れ、考えすぎる世界にどっぷり浸かっていた」と言います。青信号から赤信号へ一気に落ち込んだ時期でした。 そこから、不登校生のボランティア活動で人に役に立ったことで自信を取り戻して行き、やがて通信制高校教頭を経て思春期に苦戦する人、家族を支える「すずかげ教育相談所」を設立しました。

■対 談『不登校でも“大丈夫”な子育てのコツ』

 金馬 宗昭 先生(すずかげ教育相談所 所長)
 鈴木 正樹 先生(株式会社アットスクール 代表取締役)
 ※ 進行 中村 文(学びリンク 編集部)

主な内容
・子どもたちと接して見えてきた不登校要因
・発達の課題をどう見るか
・段階に応じた見方と声かけ
・子どもに元気を取り戻す家族の役割
・今の学校とのつきあい方をどうするか
・進路をどう考えればいいのか
・子どもたちの未来を考える

■■申込方法■■

参加ご希望の方は、事前登録をお願い致します。


■■プロフィール■■
金馬先生講演・対談
金馬 宗昭 先生

すずかげ教育相談所 所長

「不登校 ひきこもり こころの相談室 すずかげ教育相談所」所長。教育コーディネーター。中学生から成人以上まで幅広く相談を受け、生活的・経済的自立へと導いてきた経験を持つ。?1969年大阪府生まれ。奈良大学を卒業後、京都の公立・私立高校にて教員採用試験の準備と並行し講師生活を経験。しかし全力を尽くした教員採用試験の不合格、共に学んだ友人たちの合格を目の当たりにしたことを機に数年のひきこもり生活に陥る。
1998年から通信制高校サポート校勤務、2008年から通信制高校教頭職を精勤。2014年に「不登校・ひきこもりの若年層のためにより心血を注ぎたい」との思いで教頭職を辞し、「不登校 ひきこもりこころの相談室 すずかげ教育相談所」を設立。2015年、著書『不登校 ひきこもり こころの道案内』を上梓。家庭では一男一女の父。趣味は、スポーツ観戦と釣り。
「不登校 ひきこもり 心の相談室 すずかげ教育相談所」
HP:http://www.futoukou-hikikomori.com/

不登校 ひきこもり こころの道案内
〜今日からできる具体的対応法〜

不登校やひきこもりになり、行動する力を失ってしまった人には、その時々に応じた対応が必要です。段階に応じ、信じて待つ時もあれば、待っていても仕方が無いときもあるのです。作中では「青信号」「黄信号」「赤信号」に段階を分け、わかりやすくシンプルに解説してゆきます。「人生は1ラウンドで終わりではありません」
この本に書かれているのは、立ち止まっている若者を、幸せに導く道案内です。

■著者:金馬 宗昭

■発行:学びリンク

■定価:1,600円+税

鈴木先生対談 鈴木 正樹 先生
株式会社アットスクール 代表取締役
一般社団法人発達サポートセンター・ピアすまいる 代表理事、特別支援教育士、教育カウンセラー

1967年生まれ。大学卒業後、教育機関および大手商社での勤務を経て、発達障がい児および不登校の子どもたちの支援を目的として2005年「株式会社アットスクール」を設立。

以来、教育相談、子育て相談や発達に課題を持つ児童、生徒の学習支援に携わりながら、教育セミナーや学習が苦手な子どもたちの教材開発を行っている。 また、現在は「一般社団法人発達サポートセンター・ピアすまいる」代表理事、「NPO法人JDDネット滋賀」の理事として、発達障がい児およびその家族に対して、 発達障がいのある人が自立して生活するために必要な支援や、発達障がいに関する啓発活動を行うことにより、地域と社会の福祉の増進を図り、広く公益に貢献することを目的として活動している。

【主な著書】
「子育てがちょっと楽しくなる」2011年11月出版(Amazon にて好評発売中)
「十人十色の子どもたち〜発達支援の現場から〜」2015年7月出版(発行:大隅書店)


参加ご希望の方は、事前登録をお願い致します。

主催・問合せ先 学びリンク株式会社
〒102-0076 東京都千代田区五番町10番地 JBTV五番町ビル 2F
TEL 03-5226-5256 FAX 03-5226-5257

osaka_2015winter_01


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article