訃 報

『不登校 ひきこもり こころの道案内』(平成27年7月発行)の著者で、京都府長岡京市の「すずかげ教育相談所」所長だった金馬宗昭先生が平成28年11月26日(土曜日)にくも膜下出血により逝去されました。47歳でした。

弊社では、ご遺族ならびに関係者の皆様のご意向によりこれまで訃報について差し控えておりましたが、「金馬宗昭先生を偲ぶ会」(平成29年1月29日開催)の日程も決まりましたので、ここに慎んでお知らせ申し上げます。

 

金馬宗昭先生は、1作目の著書『不登校 ひきこもり こころの解説書』をECC学園高等学校のご配慮により同校教頭職を務めながら平成22年3月に上梓しました。

1作目の著書で述べられているのは、20代後半ひきこもり状態に陥いり、そこから抜け出せた自らの体験でした。ひきこもりから抜け出せたきっかけは、ボランティアで関わったフリースクールの子どもたちから必要とされた体験だったと述べています。金馬宗昭先生がその後、サポート校、通信制高等学校に奉職し、平成26年にすずかげ教育相談所設立に至る道筋は、この体験がスタートラインでした。学校生活で苦戦する子どもたちと家族を支え励ますことに尽力された人生を歩まれました。

 

学びリンク社員一同、金馬宗昭先生のこれまでのご厚意とご尽力に感謝いたしますとともに、ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

なお、平成29年1月29日(日曜日)に京都府長岡京市で開催される「金馬宗昭先生を偲ぶ会」の概要は次のアクセス先よりご確認くださいますようお願い申し上げます。

 

「金馬宗昭先生を偲ぶ会」の概要(ECC学園高等学校ホームページ)

http://www.ecc.ed.jp/common/pdf/20161216.pdf

 

平成28年12月26日

学びリンク株式会社

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article