義務教育から高校までの多様な教育のあり方

中部フリースクールフォーラム2016開催のねらい
不登校やひきこもりの状態から子どもたちが元気を取り戻して行くための場所にはどんなものがあるのでしょうか−。
一人ひとりの状態によってその場所は異なります。
保護者の皆さんは、まずその場所の情報を正しく把握することが大切です。正確な情報は、保護者の皆さんの子どもたちに接する“こころの余裕”にもつながるはずです。
今回の「中部フリースクールフォーラム」では、義務教育段階の学校以外の居場所となっているフリースクールと、それに続く高校段階では通信制高校やサポート校など多様な教育機関の実状を学びます。
講師には、フリースクールや通信制高校の専門出版社「学びリンク」の山口教雄氏をお招きします。また、ご希望の方にはフリースクールの個別無料相談も行います。
不登校、ひきこもりの子どもたちと関わる保護者ならびに教育関係者の皆さまのご来場をお待ちしています。
0614freeschool


講演テーマ「義務教育から高校までの多様な教育の在り方」

■内容
・義務教育から高校までの多様な教育の見方
・フリースクールの活動内容、どんな子どもがいるのか
・フリースクールに期待して良いこと、悪いこと
・中学に行かないことで不利になること
・中学卒業時期をどう迎えるか、大人の準備をどうするか
・高校進学は必要なのか
・通信制高校やサポート校という新しいタイプの「選び方」
・通信制高校はどんな学び方ができるのか
・サポート校が必要な人と要らない人
・義務教育から高校までの多様な教育の「学費」

■日程:6月26日(日)

■時間:
11時00分〜12時30分:講演
13時00分〜15時00分:個別無料相談(参加自由)

■場所:第3太閤ビル10F【名古屋市中村区椿町21-2(JR名古屋駅徒歩3分)】

■参加対象:年齢問わずどなた様でも

■参加料金:無料

■お問い合わせ&お申し込み:
〒430-0015 名古屋市中村区椿町21-2 第3太閤ビル10F
中部フリースクールフォーラム2016係
TEL:052-446-8008
FAX:052-446-8007
Eメール:info@prezeel.com
※お申し込み方法等の詳細はHPをご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article