kouen01
kinba_top

「子どもが不登校になりました。一体、どうすればいいの?」
「引きこもってしまった我が子。いつになれば動き出すの?」

我が子が不登校や引きこもりになったとき、しんどさを感じる家族は少なくありません。この子の将来はどうなってしまうのか、どうしたら生き生きと幸せな人生を送れるのか、思い悩む家族はたくさんいます。
 今回の講演会は、通信制高校の教頭先生として不登校だった子どもたちの成長を手助けし、また自らも引きこもりをしていた「不登校 ひきこもり 心の相談室 すずかげ教育相談所」の金馬宗昭先生が講演者を務めます。不登校・ひきこもりの子どもたちの内面に切り込み、「こうしたサポートがあればこのように動ける」という方法を具体的にお伝えします。明快な解説は、お母さんはもちろんお父さん方にも毎回ご好評をいただいております。

苦しさを抱えている家族の方々、教育関係者の方々が、明日からできる“金馬式子ども対応法”についてお話します。

会場では、出版記念講演会として金馬先生の著作『不登校 ひきこもり こころの道案内」』を初お披露目します。ぜひお手にとってご覧ください。


日時:
2015年6月27日(土曜日) 14:00~(開場13:30)

会場:ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪
   大阪ブライダル専門学校

   2号館7階ホスピタリティホール
   (大阪府大阪市西区江戸堀2-1-25)

<最寄駅>
地下鉄中央線・千日前線「阿波座駅」徒歩約10分
京阪中之島線「中之島駅」徒歩約8分
地下鉄四ツ橋線「肥後橋駅」徒歩約7分
JR大阪環状線「福島駅」徒歩約15分
JR東西線「新福島駅」徒歩約15分
阪神本線「福島駅」徒歩約15分

定員:90名

参加費:無料

主催:学びリンク

|

|

|

|

|

|

|

|

|
<6月27日 開催スケジュール予定>
(受付開始13時30分)14:00~15:30
「不登校 ひきこもり こころの道案内」出版記念講演会
『我が子の不登校、ひきこもり。ずっと続くの?』
自立へ向かうための周囲の手助け こころの道案内

【講演者】
「不登校 ひきこもり こころの相談室
すずかげ教育相談所」所長

教育コーディネーター 金馬 宗昭 氏


15時15分~15時30分
参加者皆さんの悩みに応える 解決型質問会

申込方法:参加ご希望の方は、事前登録をお願い致します。

■■来場者特典■■

当日ご来場いただいた方には全員、翌日28日(日)の大阪合同相談会で「「困っている」子どものこと 一番に考えられますか?」と交換できる引換券をお渡しします。

『「困っている」子どものこと 一番に考えられますか?』
■著者:太田 功二(東朋高等専修学校 校長)

■発行:学びリンク

■定価:本体1,200円+税

話が伝わらない。パニックを起こす。学校へ通えない…。かつて問題行動が絶えなかった大阪の学校で生まれた奇跡の実話。生徒を否定的に捉えず、「困っている」部分に光を当てた男性校長が本当の「自立支援」を綴った一冊です。

■■講演者プロフィール■■

金馬金馬 宗昭 氏
「不登校 ひきこもり こころの相談室 すずかげ教育相談所」所長。教育コーディネーター。中学生から成人以上まで幅広く相談を受け、生活的・経済的自立へと導いてきた経験を持つ。


1969年大阪府生まれ。奈良大学を卒業後、京都の公立・私立高校にて教員採用試験の準備と並行し講師生活を経験。しかし全力を尽くした教員採用試験の不合格、共に学んだ友人たちの合格を目の当たりにしたことを機に数年のひきこもり生活に陥る。
1998年から通信制高校サポート校勤務、2008年から通信制高校教頭職を精勤。2014年に「不登校・ひきこもりの若年層のためにより心血を注ぎたい」との思いで教頭職を辞し、「不登校 ひきこもりこころの相談室 すずかげ教育相談所」を設立。2015年、著書『不登校 ひきこもり こころの道案内』を上梓。家庭では一男一女の父。趣味は、スポーツ観戦と釣り。


主催・問合せ先 学びリンク株式会社
〒102-0076 東京都千代田区五番町10番地 No.R五番町 2F
TEL 03-5226-5256 FAX 03-5226-5257




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article